オーガニックレーベルの葉酸の効果003

オーガニックレーベル葉酸の口コミについて書いています
ページの先頭へ
トップページ >

厚生労働省も認める葉酸サプリの必要性


厚生労働省も認める葉酸サプリの必要性

ビタミンC のアスコルビン酸とビタミンB群のチアミンやナイアシンに代表される水溶性ビタミンに分類される生理活性物質の一種とされる葉酸は、1941年に乳酸菌の増殖因子としてホウレンソウの葉から発見されています。


厚生労働省より、特に妊娠前から妊娠3ヶ月頃までは赤ちゃんに悪影響を及ぼさない為に、ほうれん草などの緑黄色野菜から葉酸を多く摂取するのが望ましく、葉酸サプリからでも摂取すべきと平成14年の母子手帳に記載される様になっています。

胎児の神経管の正常な発達を促し、神経管閉鎖障害を予防しダウン症や小児白血病のリスクも軽減します。


その為、数多くのメーカーから葉酸サプリが発売されており、葉酸サプリの中にはビタミンB6やビタミン12などの添加物が入っているサプリも数多く販売されています。


実際問題として、葉酸は熱に弱い為に調理の過程で破壊されたり、煮汁に流れ出たりすます。

サプリメントの方が効率が良く摂取出来、保存も可能で便利です。


葉酸の効果は、他にも沢山あります。


DNAは、遺伝情報通りに細胞を生成する働きがありますが、葉酸は、体内でジヒドロ葉酸レダクターゼにより還元され、テトラヒドロ葉酸に変換されます。

テトラヒドロ葉酸は、DNA生成に不可欠なアミノ酸と核酸の代謝に関わる補酵素として働きます。


葉酸が欠乏すると正しい細胞分裂を維持出来なくなり、細胞分化時に活性酸素などの影響でDNAのミスコピーが非常に多くなります。


間違った遺伝子情報の細胞が多くなる事により、酸素運搬能力が低く巨大な赤血球を作る巨赤芽球性貧血や腸の粘膜の潰瘍、口内炎などの多くの疾患の原因になります。


特に問題なのが、細胞の癌化を引き起こし、子宮頸癌や喉頭癌、結腸癌、直腸癌など様々な癌の原因となっている事です。

葉酸を摂取する事でこれらの癌を予防出来るとされています。


又、葉酸が不足すると血栓を作る原因の1つであるホモシスティンが、必須アミノ酸の一つであるメチオニンやシスティンに変換される量が減少し、余ったホモシスティンが血中の濃度を上昇させ動脈硬化を引き起こしたり、虚血性の心筋梗塞や脳溢血を引き起こします。


更に、脳の神経線維の多くは、リン脂質を主に構成されるミエリンで髄鞘を形成しています。

葉酸はリン脂質を生成し神経細胞を補修しますが、葉酸が不足すると脳神経の修復が遅れ、様々な神経伝達障害が発生し、痴呆症やうつ病を発病する危険性があるとされています。

現在、葉酸はアルツハイマー病の予防に有効とされています。



オーガニックレーベルの葉酸、オーガニックレーベルの葉酸、オーガニックレーベルの葉酸、オーガニックレーベルの葉酸、オーガニックレーベルの葉酸、オーガニックレーベルの葉酸、オーガニックレーベルの葉酸、オーガニックレーベルの葉酸、オーガニックレーベルの葉酸、オーガニックレーベルの葉酸、

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2014 オーガニックレーベルの葉酸の効果003 All rights reserved.